中小企業振興対策

地元就職率H26.10文科省中小企業の経営力強化と人材育成をめざした新たな展開を!

中小企業は地域社会に安定と活力をもたらしている。しかし近年の少子高齢化と人口減少、経済社会生活圏の広域化、国際化の進展などにより経営情勢が極めて厳しいものとなってきている。持続的に成長を促進するには経営の革新や新たな事業の創出、さらに企業間での連携など新しい展開を図ることが必要である。

そこで去る10月20日と21日の両日、山形県議会の中小企業経営力強化・人材育成対策特別委員会は米沢市と福島県喜多方市の3社の現地調査を行なった。県では今後の調査のために次の4つの論点と方向性を掲げた。

 

①(論 点)中小企業を担う経営者及び技能者の育成並びに若手人材を確保

(方向性)産学官金の連携による経営者、技能者、若年者の人材育成

  • 資格取得補助
  • 退職者による指導の支援
  • UJIターン者のマッチング支援

 

②(論 点)高度化・複雑化する経営課題に取り組む中小企業者への支援

(方向性)県、商工団体等の支援機関が一体となった支援の強化

  • 事業計画書作成援助
  • 不採択事業のフォローアップ
  • 後継者等の経営支援

③(論 点)新たな需要を切り開くための新商品開発及び技術開発への支援

(方向性)研究機関等の成果を産業化に結びつける取り組み

  • 最先端技術の事業化
  • 新技術の製品化支援
  • 設備投資への支援

 

④(論 点)県内外から海外展開まで見据えた販路の開拓・拡大

(方向性)県外、国外への販路開拓と空港、港湾等を活用した物流拡大

・貨物輸送の拡大 ・貿易手続き等への支援 ・台湾、ASEAN等との取引拡大対策

 

(写真)

DSCN4938
山形県米沢市の玉澤精機株式会社にて
DSCN4966
山形県米沢市の玉澤精機株式会社にて
DSCN5049
福島県喜多方市の本田金属技術株式会社にて
DSCN5068
福島県喜多方市の本田金属技術株式会社にて
DSCN5160
福島県喜多方市の日吉工業株式会社にて